子育てママが 好きや得意を生かして働くための 応援サイト

あなたの主婦起業はここから始まる!初めての方はここからどうぞ^^

【賛否両論!】「あたしおかあさんだから」はリアルなママの姿なのか?理想像を押し付けた呪いの歌なのか?

WRITER
 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -
ママとしての人生も「私」の人生も楽しみたい! 子育て中でも仕事したい! そんなママを「主婦起業」という形で応援します^^
詳しいプロフィールはこちら

 

「あたし おかあさんだから」ってゆー歌知ってますか?

 

「ママがおばけになっちゃった」や、最近始まった「うちのウッチョパス」などの作者・のぶみさんが作詞をされて、

 

おかあさんといっしょの11代目うたのおにいさん、だいすけお兄さんが歌っています。

 

 

のぶみさんは、おかあさんに向けての応援ソングとして、作ったとコメントしています。

 

でも、ネット上では、賛否両論!

私もいろいろ思うことがあって、記事にしました^^

 

 

「わたし おかあさんだから」 どんな歌詞?

 

 

 

これが全文のようです。

 

これはリアルなママの姿なのか?理想論なのか?

 

考えてみました!

 

一人暮らし、わたしはしてません。

でも、ヒールしかはかなかったし、ネイルも時々してました。

 

立派に働ける!って強がってはなかったですけど、仕事は大変でした。

 

爪は切ります。でも、子どもと遊ぶためじゃないです。

走れる服着ます。でもパートにいくからじゃないです。

 

眠いけど、5時には起きません。

大好きなおかずは・・・あげたりあげなかったり。私だって好きなものは食べたいし、全部子どもに取られるのは悲しい。

新幹線の名前は覚えてません。でも、トーマス・仮面ライダー・戦隊ものは完璧です!

 

 

痩せてたました!お母さんになる前!でも太ったのはお母さんになったからじゃない。私がこどもと外で遊ばなかっただけ。

好きなことして、好きなものかって、考えるのは自分のことばかり。でしたね!だって、他に考える人がいなかったから。

 

 

服もごはんも全部こどもばっかり・・・全部ではないかな!でも味付けは確かにこども味になったな

テレビも子どもがみたいもの…確かに。でも、私は子どもが寝た後録画で見れるからなー

 

 

苦手な料理頑張ってます!だって毎日外食じゃ破産しちゃう!

こんなに怒れる!毎日怒ってます!

いいお母さんんでいようってがんばってないこともないかな・・・誰のためにがんばってるんだろって思うことはよくある。笑

 

 

お母さんに戻れなくても、時々は夜遊びに行きます。

ライブにも行きます。

自分のためにも服を買います。

でも、生まれたばかりのころ、我慢してた頃があったのは事実。

 

 

おかあさんになれてよかった。って思う。

でも、それだけじゃない!

 

 

 

こうやってみると、私にはあてはまるし、あてはまらないものも。

リアルなママの姿としてはあり得るものだと思います^^

 

 

なんで炎上したのか?

 

 

リアルなママの姿として、見ることができるのは間違いないです!!

 

でも、こんな意味でとらえることもできますよね・・・

 

 

「立派に働けてるって 強がってた」

→強がってるってどゆことよ!

強がってなくて、実際にちゃんと働いてるわよ!ぷんぷん!

ママだけじゃなくて、働いてる女性は、気になる人も多いと思います!

「強がってた」に込められた意味はなんだったんだろう・・・

 

 

「爪は切るわ こどもと遊ぶために」

→こどもと遊ぶなら、ネイルしてたらだめなの!?

 

 

「走れる服着るの パートいくから」

→走れる服着ないといけないの?ママになったらパートしかできないの?

 

 

「眠いまま朝5時に起きるの」

→朝5時に起きなきゃいけないの?5時に起きてごはん作らなきゃいけないの?仕事してるのに!寝たい!

 

 

「だいすきなおかずあげるの」

→ママは自分の好きなものもこどもにあげなきゃいけないの?

 

 

「痩せてたのよおかあさんになるまえ」

→ママになったら太るんかーい!太るかどうかは、ひとそれぞれなのに。

 

 

「好きなことして 好きなもの買って 考えるのは自分のことばかり」

→お母さんになってからは、これをしちゃいけないの?

 

 

「苦手なお料理頑張るの」

→え?ご飯は手作りじゃないとだめなの?

 

 

「いいおかあさんでいようって頑張るの」

→いいお母さんって何!?

 

 

「夜中に遊ぶわ ライブに行くの 自分のために服買うの」

→お母さんになったらしちゃいけないの?夜外にでるのはそんなに批判されることなの?

 

 

「ぜーんぶやめて いま、あたしおかあさん それ全部より おかあさんになれてよかった」

→って、思わないとだめなんでしょうか・・・

 

 

 

こんな風にとらえることもできるから、何この歌!?とらえるママたちも多かったんじゃないのかな・・・

 

 

そして

「おかあさんだから」のなかの、「だから」という言葉。

 

この「だから」の後に続く言葉がいろいろと想像できてしまう・・・

 

  • ママだから、我慢しろってこと!?
  • ママだから、これが当たり前ってこと!?
  • ママだから、これが幸せってこと!?

って、思うママたちがたくさんでてきたんじゃないかなって思います。

 

 

ママたちは理想と現実の間で悩んでる

 

昔、3歳児神話ってありましたよね。

三歳児神話(さんさいじしんわ)とは、子供が3歳になるまでは母親が子育てに専念すべきであり、そうしないと成長に悪影響を及ぼすという考え方

wikipediaより引用

 

今だけじゃなくて、昔からずっと「母親とはこうあるべきだ」というのはあったんだと思います。

3歳児神話はご年配の方にはまだそう思ってる方もいますしね。

 

 

そして、実際にこどもを産む前は

  • 「優しいお母さんになりたい。」
  • 「毎日かわいい子どもとたくさん遊んで暮らしたい」
  • 「お散歩、お買い物一緒にしたいなー」

なんて、

こーしたい!あーしたい!こんなママになりたい!って思いを持ってるひとも多いんじゃないかな。

わたしは、そうでした!

 

 

でも、実際に出産してみると・・・

  • 3時間おきの授乳で寝れないなんて知らなかった・・・
  • なんで泣いているのかわからない・・・
  • 離乳食食べない
  • 周りから、こーしなきゃ!あーしなきゃ言われる・・・
  • 育児楽しくないと思う自分が情けなくなる
  • 今日も1日家事できなかった・・・

なんて、びっくりするほどしらなかった世界に遭遇するもの!!!

私は、今まで感じたことのない大変さにへとへとでした・・・

 

 

でも、

  • 周りのママたちはにこにこ楽しそうだし・・・
  • みんなママだから当たり前にこなしてるんだろうな・・・
  • わたしだけできてないんだろうな・・・
  • やっぱり我慢しなきゃいけないよね・・・

と、周りと自分を見比べて、落ち込みだす。

理想通りに、思ったとおりにできない自分の姿に悩む・・・

 

 

もし、そんな子育てのことで悩んでいる最中に、今回のこの「あたしおかあさんだから」を見たとしたら・・・

 

 

素直に応援ソングだと受け取れるでしょうか?

 

わたしが同じように悩んでる時期だったら、

 

うるさい!うるさい!うるさーーーーーーーい!!!!

なんでおかあさんだから、ってだけで、こんなになんでもできるのよ!

こっちだって毎日一生懸命やってるのにできないのよ!

こうなりたい!こういうお母さんが理想!なんて私だって思うわ!

でも、できないのよ!!

だから、こんな「これがお母さんの鏡だ!」に聞こえる歌なんて流さないでよ!!!

 

って、なるかな・・・・

 

もしかたら・・・

そーだった。

生まれた時は、それだけでうれしかったんだった・・・

って思うかな?とかも思ったけど・・・

 

 

うーん・・・

やっぱり怒るかな!!笑

げきおこぷんぷんまるです!

 

 

私は「今」、

  • こどもたちは保育園幼稚園に行ってて、その間自分の仕事に集中できる環境がある。
  • 夜もパパと寝てくれるようになったから、時々は夜友達とごはんに行ったり、ライブにもいける。
  • パートじゃない仕事もしてる
  • 朝は5時には起きない
  • 料理も手抜きする
  • いいお母さんになるのはやめよ。と思うようにする。

 

という感じなので、「今」はこの歌詞に怒りはわきません。

 

でも、数年前、実際に子育てや仕事に悩みまくってる最中だったら、絶対怒ってました。

こんなママが理想だ!みたいに聞こえる歌流すな!って!!!!

 

でも、状況が変われば受け取り方も変わる。

10年後、子育てがおちついてきたころには、もしかしたら、この歌に対して怒ってた気持ちも、変わるかもしれない。

 

 

理想のママはこうあるべきを社会全体からなくしたい

 

今回この歌の歌詞が炎上したことで、子育てママ以外の人の声も、ツイッターでたくさんありました!

 

受け取る人によって

「リアルなママの姿」に映ったり

「こどもが生まれてきた喜びを思い出す歌」だったり

「理想のママを押し付ける呪いの歌」だったりすると思います!

 

 

子育てなんて正解がないものだから考え方に賛否両論あっていいって、私は思います。

自分の中で譲れないものを中心に子育てすればいいと思います。

 

  • こどものために、完全無添加の手作り料理しかしたくない!
  • 家事の時間を減らしたいからレトルトに頼る!
  • 自分の仕事も続けたいから、保育園に預ける
  • 小さい時期はそばにいたいから幼稚園までは一緒に過ごす

 

うんうん!どれもいいよ!

間違ってないよ!

 

 

私が許せないのは・・・

「おかあさんはこうあるべきだ!」という考えを周りに押し付ける人!

「こういうママが素晴らしい!」と謳うメディア!!

 

 

お母さんになることの喜びや、楽しさ、

それを上回ることもある不安や苦しみ・悩みは、

お母さんになったことある人しかわからないこと!!

 

そして、自分の子育てでよかったことが、他の人にもあてはまるわけじゃない!!

 

 

  • いつも手作りのお菓子やごはんで育ててくれた母親のように、奥さんがこどものために料理を絶対頑張るわけじゃない。
  • 自分のこどもを3歳までは!と、家庭で育てた奥さんのように、お嫁さんがこどもを幼稚園にいれるとは限らない。
  • 自分がしてきた子育てを、娘が同じようにするわけじゃない。
  • 自分が今している子育てが、友だちのママにとって幸せな子育てなのかなんてわからない。

 

 

ママだから、こどものために我慢することもあるよ!

自分を犠牲にすることもあるよ!

 

でも、それは自分が犠牲になってもいいと思えるくらい子どもがかわいいし、

自分を犠牲にしてもいいと思える存在に出会えたのは子どもが初めてだったから!!

 

 

ママだから、我慢するのか。自分を犠牲にするのか。

決めるのはママ自身!!!

 

周りが、あーだこーだいうことじゃない!!!

 

 

理想と現実の間で、ママはいつも頑張ってます。

正解のない子育てを続けるのは、ほんとに大変なこと。

悩みながらおこなってるママの行動に、関係ない人がいろいろ言うのはやめてください。

 

 

と、私は思いました^^

 

 

ちなみに私は、こっちの歌がすき~!

 

「わたし おかあさんだから」の一方でこの歌も今話題になってるみたいです^^

 

 

 

 

これくらい、ずぼらじゃないとやってられないぜ~!

あははー!

 

 

 

 

 

 

 

普通の主婦でも講師になれる!

 

「講師」って聞くと

なんだか難しく聞こえるけど、

実はそんなことない!

自分の得意なことを活かせる!

子どもが幼稚園や学校の時に働ける!

家で仕事ができる!

主婦・ママだけの私から抜け出せる!

ママにとってメリットたくさんの「講師業」についてぎゅっとまとめた1冊!

絶対GETしてくださいね!!

 

主婦起業って何なの!?っていう

超超超初心者向けです^^

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ママとしての人生も「私」の人生も楽しみたい! 子育て中でも仕事したい! そんなママを「主婦起業」という形で応援します^^
詳しいプロフィールはこちら







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© mama's closet , 2018 All Rights Reserved.